多摩市と周辺地域の注文住宅、リフォームなら大久保工務店へ

お問い合わせフォーム

大久保工務店のこだわり

こだわりの素材

大久保工務店では、自然素材の建材にこだわりを持っています。家づくりには有害な物質を含む建材を使用しません。
昨今問題になっている化学物質過敏症の約6割がシックハウス症候群だといわれています。
主に新築住宅に入居後、あるいはリフォーム後1年以内という短期間に発症するケースが多いようです。
国内での患者数は100万人を超えるとも言われており、中でも普段、家の中にいる時間が多い主婦と子供の患者数が圧倒的に多いと言われています。
毎日をリラックスして過ごしたい空間だから、素材にはいちばんこだわりを持っています。

天然木材
天然木材

住宅建材に含まれるホルムアルデヒドなどの揮発性有害物質により、目や鼻、のどの痛み、頭痛や吐き気、呼吸疾患などの症状が認められることがあります。このような症状は一般に「シックハウス症候群」といい、目に見える体調の悪化以外にも発ガン性や発ガン促進作用があると言われています。
天然木材を使用することにより、このような症状を抑えられます。そして、木材を使用した住宅では夏涼しく冬は暖かく過ごすことができ、天然の調湿作用もあるためカビも生えにくいのです。

珪藻土
珪藻土

珪藻土は単細胞の植物性プランクトン、珪藻の化石です。この化石が海底や湖底に堆積し、何百万年、何千万年という年月を経て、珪藻土となります。珪藻土は吸湿性・放湿性・吸水性・保水性・断熱性・吸着性・吸音性に優れています。天然の壁材なので、もちろん健康にも影響ありません。

調湿建材
調湿建材

当社では、からだに優しい調湿建材を使用しています。エコカラット、さらりあ、イオニカなど、さまざまなメーカーからさまざまな調湿建材が登場しています。特長や、使用箇所などもそれぞれですので、適材適所で建材を選択しています。

低炭素建築物認定制度について

大久保工務店では、低炭素建築物認定制度の促進をしています。低炭素建築物認定とは、以下の条件によって長期優良住宅認定と同等の税制優遇、容積率の緩和が受けられます。

低炭素建築物認定の条件

1. 改正省エネ基準による外皮性能
2. エネルギー消費量を改正省エネ基準より10パーセント以上削減
3. 炭素化の取り組み
①節水機器の設置
②雨水、井戸水、雑排水利用設備
③HEMSまたはBEMSの設置
④定置型の蓄電池の設置
⑤ヒートアイランド対策
⑥住宅の劣化の軽減措置
⑦木造住宅
⑧高炉セメント等の使用
上記の中から一つに該当すればOKです。

なお、認定対象は市街化区域等に限定されています。この地域から外れる場合、認定は受けられません。

お問い合わせフォーム
このページの先頭へ