多摩市と周辺地域の注文住宅、リフォームなら大久保工務店へ

お問い合わせフォーム

家づくりの流れ

家が建つまで-家づくりの流れ-

1.予算の決定

まず、家を建てる際の予算を決定します。
費用は主に、土地代、建物代、その他費用に分けられます。住宅ローンを含め、総額いくらまでかけられるのかを考え、それぞれにかける具体的な費用を算出していきましょう。

2.敷地の決定

おおよその予算が決定したら、家を建てる土地を探しましょう。住みたい地域や土地の広さ、予算を比較しながら探します。周辺の環境等も考慮が必要です。
また、希望の土地が見つかったとしても、地盤を改良しなくてはならないケースもあります。その場合、土地を改良するための工事費用が発生しますので、その点も考慮する必要があります。
また、法的な規制により希望の家が建てられない場合もあります。事前に十分確認しておきましょう。
希望の土地が見つかったら、売買契約をしましょう。

3.住宅会社の決定

ここで家を建てる際に最も重要な、住宅会社を決定します。
住宅会社の選定は、インターネットや雑誌、住宅展示場や見学会に参加し、できるだけ多くの情報を集めて依頼してみたい会社を選定しましょう。
数社にプランの作成を依頼し、概算の見積もりをしてもらい、最終的に依頼する会社を決定します。

4.敷地調査

まずはじめに敷地調査をおこないます。
敷地調査では以下のようなことをおこないます。

  • 敷地の大きさと形、高低差などを測定
  • 電気、ガス、上下水道の引き込み状況の確認
  • 周辺の写真撮影
  • 法務局で登記簿の確認
  • 用途地域などの法的規制の確認
5.ヒアリング

敷地調査の結果を踏まえたヒアリングをおこないます。
ヒアリングの内容はおおむね次のような内容です。

  • 同居する家族
  • 必要な部屋数
  • 各部屋の広さの希望
  • ライフスタイルについて…etc
6.プラン作成

ヒアリング後、プラン図と概算見積もりが提出されます。
通常ここまでは無料の場合が多いので、違うなと感じたら別の会社を探します。

不明点がある場合には、契約前にしっかり確認しておきましょう。

7.仮契約

信頼ができる会社を見つけたら、仮契約を結びます。
仮契約時には、だいたい10万円程度の金額を支払います。
ここから先の作業は有料となります。

8.地盤調査

地盤の調査をおこないます。
既存の建物が建っている場合には、解体後に調査をします。
調査の結果、地盤の改良が必要になると費用が発生しますが、調査結果に基づき地盤改良すると、地盤に対して10年間の地盤保証が付きます。この保証はもし不同沈下などが発生した場合に、5000万円を上限として補修工事を行ってくれるものです。

9.詳細打ち合わせ

間取りやキッチン、お風呂、内装や外装に関して、細かな打ち合わせを重ねます。この打ち合わせは、家ができるまで何度もおこなわれます。
住宅会社は打ち合わせに基づき、図面を作成していきます。

10.見積提出

打ち合わせを重ね、プランが固まったところで、そのプランを基に詳細見積を出してもらいます。
もし、予算をオーバーしているようであればプランを縮小しなければなりません。
住宅ローンをご利用される方は、この時点までにいくらまで融資してもらえるのか見当をつけておく必要があります。

11.本契約

信頼できる会社でプランも見積もり内容も問題がなければ、請負契約を結びます。
請負契約書は2通作成され、契約当事者が1冊ずつ保管します。
契約書には各自の負担で収入印紙を貼ります。

12.最終仕様決定

着工前に細かな住宅に関する仕様の最終確認をおこないます。
契約時より変更となった点は追加変更契約を交わし、工事金額を清算します。
最終決定後、部材を発注します。

13.着工

いよいよ着工です。
工事は基礎工事、上棟と進んでいきます。

14.完成・引渡し

着工してから約4ヶ月ほどで完成です。
建物が契約どおりに建てられているか確認し、問題が無ければ残りの工事金額を支払います。

15.登記

司法書士に依頼をし、家の登記をおこないます。

参考:注文住宅の家づくりを応援する情報サイト

お問い合わせフォーム
このページの先頭へ