多摩市と周辺地域の注文住宅、リフォームなら大久保工務店へ

お問い合わせフォーム

家づくりへの思い

自然と共生する家を工務店の技術でつくる

自然豊かな多摩地域で30年以上。

大久保工務店は、東京でも自然豊かな多摩地区で30年以上仕事をしてきました。多摩地区は東京でありながら、多摩川と緑に囲まれた自然豊かでどこか懐かしい雰囲気のある地域です。
代表は15歳のころ、出身地である徳島県から東京に一人前の大工になるのを目指して上京してきました。6年間、親方のもとで修行した後、現在の場所で大久保工務店を創業しました。以来、多摩市を中心とした多摩地域でお仕事をいただき、地域密着で活動しています。
豊かな自然が残るこの多摩の街で、自然と共生する家を広げていく。それが私たち大久保工務店の役目だと思っています。

地元の稲荷社・鳥居塗り替えを担当しました!
地元の稲荷社・鳥居の製作を担当しました!

地元多摩市の稲荷社と鳥居の製作を担当しました。
ご依頼主様からも大変喜んでいただけました。

親から子へ、工務店の技術を受け継いでいます。

大久保工務店は親子二代で運営する、地域密着の工務店です。
代表とふたりの息子はいずれも大工です。
代表は、小さなころから自分の手で何か作ることがとにかく好きでした。また、新しいものに挑戦すること、アイデアを発案することも得意でした。それが現在の家づくりにも少なからず生きています。 また、代表の技術は息子ふたりにも確実に受け継がれています。ふたりとも、学生のころは勉強が大嫌いでした。しかし、家業を継ぐために二級建築士の勉強を始めたところ、今まで大嫌いだった勉強をはじめておもしろいと思うようになりました。それからはどんどん建築の勉強にのめりこみ、今も昼は現場で代表の技術を学び、夜は建築の勉強にいそしんでいます。今後は環境を考えた省エネ住宅をもっと地域に広められたらと考えています。

数寄屋造りや入母屋造りの講師をしています!
数寄屋造りや入母屋造りの講師をしています!

日本の伝統的な工法である数寄屋造りや入母屋造りですが、現在では施工できる職人も大変少なくなってきました。そんな中代表は日本の伝統的工法を継承するため講師を担当しています。

大久保工務店のこだわり

お問い合わせフォーム
このページの先頭へ